2007年10月05日

saikinnnoodoroki

◆駅のすぐ近くのドラッグストアのところに、いつも猫が2,3匹いる。
で、昨日も帰り途中そこを通ったら

猫が沢山。

え、なぜ?
驚いたので数えてみたら、

9匹。

なぜー!
大きいのから小さいのまでぞろぞろ。
びっくり。


◆アルバイトしているコンビニにゴキが出た。
しかも今回は、ゴキブリのくせに恥ずかしがるどころか、
お客さんたちの目の前に姿を現した。
なんとかせねば、とか思う。

けど、正直、ゴキ嫌いです。
つぶすとかもなかなか考えられません。

が、お客さんが、なんとかしろ!という目で僕を見る。
またどっかに隠れてくれないかなぁなんて思いながらも、
仕方がないので、「やるしかない」という風を装って、とりあえず武器(ダンボール)を調達に。
で、戻ってくると、そこにゴキの姿はない。
心の中で小さくガッツポーズを決めていると、
良い人そうなサラリーマン風の男の人が、
「そこに入っていったよ」
とコピー機の下を指差す。
が、出てこないゴキ。
僕「じゃあ、ちょっと出てくるの待ってみます(出てこないといいな)」
男「ああ、そうするしかないか……」
僕「……」
男「……」
僕「あ、どうもすみません。ありがとうございました」
男「ああ、いえいえ」
僕「……」
男「……」
僕「……」
男「……」


一体なんなんだー!!!!


ゴキをつぶすのを見ない限り俺は帰らない、そう言わんばかりである。

仕方がないので、ゴキをいかにもつぶしたいように、コピー機の下を見る。
地面に這いつくばるくらいして、見る。
が、いない。
本当に、いない。
が、男は横にいる。
男も這いつくばって、コピー機の下を見る程である。
ついには、棒でつついてみたら、と言う。
箒でつついたりするが、出てこない。
すると、レジが込みだしたので、
僕「あ、じゃあすみません」
とレジへ。
そのまま対応する僕。
が、コピー機をずっと見ている男の人。

本当良い人そうなんです。
20代後半くらいでスポーツができそうで、がたいもよく、血色も良い。
顔も爽やかで、いかにももてそう。
が、途中で気付いた。
この人は、ちょっと天然タイプだ。
おそらく理系だ。
高校時代の友人にこういうタイプがいた。

なんて哲学しつつレジで対応していると、その男の人もそのうちレジで清算を済ませ、店を出て行った。
僕「(ゴキ)ありがとうございました」
男「いや」
と、笑顔で軽く手を降りながら店を出て行った。
実に後味の良い爽やかな笑顔であった。

が、問題はその後である。
かなり神経質の常連さんが来る。
レシートは必ず持ち帰るし、箸の本数にもうるさい。
ちょっとレジでミスをしただけで、「大丈夫?」と聞いてくる。
そんなオバサンである。

ゴキはコピー機の下に隠れたままである。
このオバサンに見つかったら―

店が終わる。

―冷や汗がポタリと落ちるくらいであった。
正直、そのお客さんはレジが長い。
世間話を切り出してくる。
今はその話を出させるわけにはいかない!
僕は一緒のシフトに入っている高校生(さわやかな笑顔が素敵)のS君に
「頑張ろう!」
とアイコンタクトをした。
これでばっちりだ。
と思った瞬間、「ン?ァ二?」と聞き返してくるS君。
S君はタイ人と日本人のハーフであり、タイ育ちなので、日本語があまり出来ないのだ。
本当なのだ。
しかも、彼はレジが遅く、活舌が悪く、耳の聞こえが悪い。
そんな彼がレジを打つ。

かくしてオバサンとのレジバトルが始まった。
僕は彼の横につき、サポートに入る。
女性客の弁当をS君は小気味よくレジで打っていく。
僕はサポートしながらも、コピー機をチラチラと見る。
今のところ、大丈夫そうだ。
オバサンも今のところ小話はなさそうだ。
と思った瞬間、背後に視線を感じた。
振り返ると、そこにはオバサンの夫が。
夫の方も常連なのだ。
おそらく奥さんに尻に敷かれるタイプだ。
目があい、ニッコリと笑顔を送ってくる。
軽く会釈する僕。

「敵が二人もいるなんて!これは、本当に急ぐしかない!!」

そして、弁当の温めもなく、オバサンとのレジもラストスパートに突入した。
……と思った瞬間、オバサンが口を開いた。

オバサン「今日、これから出かけるのよ」
僕「(しまった!来た!)ああ、そうなんですか」
オバサン「うん、今日用事なの」
S「アア、ソウデスカ、アリガトゴザマシタ」
オバサン「……」
S「(笑顔)」
オバサン「……。ああ、それじゃ、ありがとね」

オバサンは去っていった。


S君は話をつなぐのもあまり得意じゃなかった。


助かった、とホッと一息。
すると、そこにもう一人の仕事仲間のKさんがやってくる。
Kさんはもう50代後半くらいのおじさんだ。
ちなみに、僕の方が先輩である。
僕「ゴキブリがコピー機の下に隠れてるんですよ。なんか退治するものなんかないですよね」
K「道具なんか必要ないよ」
僕「やっぱり足で踏み潰すんですか?」
K「いや、手。手」
とニヒルに笑う。
歯が半分くらいしか残っていないが、実に綺麗な笑顔である。
癒し系である。
僕「まったまたぁ」
と笑う僕。
無垢である。

と話していた矢先、Kさんが
「あ、いた」
と早足で歩き出した。
コピー機から少し離れたところに黒い悪魔がいた。
なぜかひっくり返ってジタバタしていた。
Kさんがそっと、そして素早く確実に忍び寄るようにサッとスーッとゴキとの距離を縮めてゆく。
僕「Kさん!そこにダンボールがあります!!使ってください!!!!」
Kさんは振り向きもしない。
そして、Kさんはダンボールの前を素通りする。
「しまった。聞こえなかったのか!万事休すか!」
そして、ゴキまでわずかの距離に。
すると―


ゴキの上に手を振り下ろした。


え!???


そのまま何度かゴキを素手ではたくKさん。
僕とS君は、衝撃の光景を間のあたりにし、お腹の底から笑うしかなかった。
Kさんはそのままゴキを素手で掴んだまま帰ってくると、紙で包んでゴミ袋の中へと入れた。
Kさんは手を石鹸で丹念に洗いながら
「手だよ手」
とニヒルに微笑んだ。

―かくして、Kさんのシークレットコマンドーの一つが明かされた―



97パーセントくらい本当です。
ちょっとはしょってますが、ちょっと調子に乗って書いてますが。


posted by よしだたけひろ at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

WHy

ね、寝られない……。
ベッドに入って2時間たつのに……。
電車の中ではすぐに寝られるのに……。
なぜだー!
posted by よしだたけひろ at 04:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

チョコレートの季節

がやってきましたね。
給料日だったので、早速購入。
7つで140円くらいという、ちょっとだけ贅沢品。

幸せ。

明日から稽古。
さぁ頑張るぞ。

posted by よしだたけひろ at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

かわとにく

打ち上げ明けの朝が好き。
いや、いつもは公演の後で力尽きていて死にそうになりながらふらふら歩くんですけどね。
今回はスタッフとしては関わっていなかった公演だったので、朝を楽しむ余韻があった。

早朝のまだ薄暗い街を電車から見下ろす。
屋根の旨々が並んでいるのを見ると、どこか遠い世界から帰ってきたかのように感じる。
シンと寝静まっている街に心がため息をつく。
ひんやりと冷たい空気が肺に入ると、生きていることを確認させてくれる。
人気のないコンビニに、チョコレートが増えた。
秋の足音が聞こえてくる。


特に書く内容なんてないのだけれど、書きたい。
ただ肺に入った煙を吐き出したいだけなのかもしれない。
人はどうしてこんなに表現欲求が強いんだろう。
そうでなかったなら、世の中のゴミはもう少し減るのかもしれない。
と書いているこの駄文もゴミの一つなのに。
既にもっと美しい文章が生まれてあることを知っているのに。
誰にも描けない世界を描こう。
けれど、才能は限りある資源なのだよ。
皮肉な世の中。
世の中そんなに甘くはないよ。
けれど、揉まれて揉まれて強くなるのもまた一つの資源。


うむ。書いた書いた。
ちょっと満たされた。
ほんのちょっと満たされた。
よし、今日も元気に頑張るぞ。

というわけで、おやすみなさい。
posted by よしだたけひろ at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

フライヤー

午前中、池袋の喫茶店にて打ち合わせをしてきました。
エメルパスの高倉さんがフライヤーデザインを担当してくださっているのですが、今度の芝居の内容について話す。
そのことで、僕自身の頭の中が整理されていくのを感じる。
企画公演が終わってから早くも3週間。

その後、シアターグリーンにて、疑似ドラマの当制に入ってきました。
大学外の劇場での公演って大変そうだけど、面白そう。
シアターグリーンって、3つ劇場があるんですが、隣の劇場で「夏の夜の夢」をやっていました。
ちなみに、昨日も深夜TVで、子供のためのシェイクスピアカンパニーの「夏の夜の夢」を放送していました。
今流行っているのかな……?
夏の夜の夢。
僕もいつか取り扱ってみたいです。

その後、どらま館にて、ちくわぶの当制。
当制日和。
普段あまりやら(れ)ないし、大して役にも立てないのですが、当制って好き。
明日の昼も当制やってきます。
posted by よしだたけひろ at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ネバーランドの瞳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

リターン

図書館へ卒論の資料収集へ行く。
中央図書館の使い方を少し覚える。
普通の本じゃなくて、雑誌の方を探すのは、複雑なため。
いや、そうでもないんですけどね。
少し暗くなり始めたくらいに図書館へ入り、出たら真っ暗。
いつのまにこんなに秋になったんだ。
どらま館の様子はどうかなー、なんて外から様子を眺めつつ帰宅。
そのまま最寄り駅の喫茶店へ。
いつものブレンドを頼んで、いつもの窓際席へ。
ネタを考える。
喫茶店が一番ネタが浮かぶ。

家に帰って、原真理子から借りた映画『リターントゥオズ』を見る。
次回はファンタジーなので、ファンタジーの勉強をしている。
ネバーエンディングストーリーとかね。
ネバーエンディングストーリーは僕にとって、とても大切な映画。
子供の頃、何度も何度も繰り返し見た映画。
今の作風にもかなり影響を与えているに違いない。
実際、舞台のアンケートで「ネバーエンディングストーリーを見た時の感覚に似ている」と書かれたことがある。
次回はそんなどっぷりと浸かるファンタジーを作ろうと思っている。
「子供の頃に夢見た世界へ」
僕自身のことでもあるようだ。
posted by よしだたけひろ at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ネバーランドの瞳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

反省会

一昨日は劇団の反省会&打ち上げ。
反省会は、その名の通り先日の公演についての反省をし、今後にその失敗を生かす案を話しあう会。
打ち上げでは、カラオケに行ってきました。
劇団員のみでカラオケに行くっていうのは、本当にたまにしかないんですが、第6回公演あたりから定番になりつつある模様。
僕自身もカラオケは好きなので、楽しんできました。
新人も含めてわいわい騒ぐっていうのは、実は初めてだったので貴重な時間でもありました。

終電まで騒いだあと、新人のサトヤ(松井)宅へ。
チャッキー(茶木)、矢花、僕の3人で詰め掛ける。
夜中はずっとくだらない話をして、時には真面目に芝居の話もして、朝になってから寝ました。

人も増えて、歳を重ねて、ずっと前から願っていた劇団の形に少しずつ近づいてきたのを感じています。
やりたかった事や我慢してきた事、もう少しでやれそうな気がしてきました。
ひとまずは次の公演。
『ネバーランドの瞳』
posted by よしだたけひろ at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

眠りの使者

ベッドに入って3時間。
一向に眠れそうな気配がない。
睡眠導入剤、本当に買おうかなぁ。
昨日起きたのは、確かに昼だけど、12時には起きていたし、昨日も寝たのが遅かったから、今日眠れないのはおかしい。
このブログ、睡眠に関する記事がやたら多い気がする……。
ごめんなさい、同じことばかり書いて。
でもね、これは子供の頃からの悩みなのですよ。
こんな夜をずっと繰り返してきたのです。
楽なようでいて、結構苦しい悩みだったり、そうでもなかったり。
眠りたくても眠れない。
一夜の夢に堕ちれない。
頼むから迎えに来てくれ、眠りの使者よ。
posted by よしだたけひろ at 04:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

LOST

ここのところ、どうも調子が悪い。
気のせいかと思っていたら、やはり体調を崩している模様。
そのせいか、寝ても寝ても寝たりない。

前回公演の稽古の最中にペンダントを失くしていたことを思い出す。
おそらく、合宿中……。
結構長く使っていて、とても気にいっていたものだったので、ショック。
シルバーブランドの中では知る人ぞ知る、レザーズアンドトレジャーズのポリチーノクロスのレザーのをつけていたのです。
(分からない方、ごめんなさい)
せっかくなので、新しいのを探そうと思うのですが、
つけ心地がすごく良く、あんなに邪魔にならないペンダントは初めてだったので、他に良いものがなかなか見つからず。
今はお金がないので、当分我慢ですが。
ペンダントをつけていないと、なんだか身体のバランス感覚が崩れるんですよね(笑。
歩いても、座っても、なんだか落ち着かないという。
早めに次のを見つけよう……。

というわけで、もう4時。
おやすみなさい。
posted by よしだたけひろ at 03:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

映像と睡眠と暁の夢と批評と

公演が終わって、1週間。
ビデオを結構観る。
『パプリカ』『エコール』『ストーリーブック』『恋に落ちたシェイクスピア』『真夏の夜の夢』『メタルマクベス(芝居・新感線)』『ヒトミ(舞台・キャラメルボックス)』
1日1本ペース?
なぜか分からないけれど、物語を欲している模様。
それと、睡眠。
なぜか分からないけれど、眠りを欲している模様。
24時間中16時間も寝ているってどうなんだろう。
今日は結局1日中家で過ごしてしまう。
うーむ。
カフェインに頼ろうか。

『パプリカ』
劇団員がグロイと言っていたけれど、全くグロくなかった。
グロイのって昔嫌いだったけれど、今は少し見てみたい気分。
夢がテーマになっていて、非常に面白い、というか以前書きたいと考えていた世界だった。
メディアをアニメにしたのは正解だと思う。
実写じゃすぐにダメが出る。
ちょっと物語がこじんまりとしているのが残念。
もう少し大きな世界を舞台にしてもいいんじゃないかと思った。
けれど、好き。
また見たい。

『メタルマクベス』
クドカンさんらしい脚本。
ただ、原作に比較的忠実に作ってあって、シェイクスピアを現代語に直すとこうなるのか、なんて関心。
帝王切開、とかなるほどと納得。
このところシェイクスピアが好き。
というか、本質の部分で考えていることが僕がやりたいことと同じだったのだと気付く。
この言い方はシェイクスピア様に失礼かもしれないけれど。
そんなわけで興味が湧いて、

『恋に落ちたシェイクスピア』
『ロミオとジュリエット』が出来るまで、という話。
展開が早く、飽きなかった。
ただ、物語は大分パロディなので、知りたいことはあまり分からず。
映画の中では、ロミジュリの次に『十二夜』を書くけれど、実際は5年も先だし。
うーん。
映像で2時間で簡単に勉強しようという軽い考えがダメですね。
ちゃんと本読んで勉強しよう。

というわけで、寝たい。けれど、眠れなそう。
そういえば、睡眠導入薬をドラッグストアで発見するものの、あまりの値段に購入を諦める。
3日分で1000円はちょっと……。
そんなわけで自力で寝ます。
おやすみなさい。

良い夢を。
posted by よしだたけひろ at 03:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。